ママの栄養たっぷり&うま~うまい料理だよ。

babyがめっちゃ喜んだぞ!

その1
魚と山芋の炒め+@みずな添え

魚と山芋の炒め@みずな添え

魚と山芋の炒め@みずな添え

【材料】
魚   1枚(骨と皮のないもの)
山芋   魚と同量ぐらいでいい
卵    白身のみ
みずな  少々
しょうが 少々
ねぎ   少々
片栗粉  少々
塩    少々
油    少々

魚と山芋の炒め@みずな添え‐材料

魚と山芋の炒め@みずな添え‐材料

【作り方】
①準備
魚(魚の小骨がないことをちゃんとチェックしてね)を寿司切り(ちょっと厚めで)の仕方で切って、お皿に入れる。
卵の白身を取って、魚皿にいてから、片栗粉と塩を少しづついれて、軽く混ぜて、付け置き。
芋は魚と同じぐらいの形に切る。
みずなは魚と同じぐらいの長さにておく。
ねぎとしょうがを用意する。
②炒め
まず油を入れる。油が熱くなってきたら、しょうがとねぎを入れる。
香りがでったらしょうがとねぎを出して、魚を炒める(魚の形を屑らないように頑張ってね、コツはすべすべの鍋を使うこと)。
1分間ぐらいで魚が形になったら、山芋を入れて一緒に炒める、魚が十分に火を通して、山芋がちょっと軟らかくなった時点でみずなと塩を入れる。
軽く均等に混ぜてから、出来上がり。

★おすすめポイント★
すべての材料が火を通しているので、赤ちゃんが安心に食べることができる。
また食感が軟らかいので食べやすいだよ。
ご飯やおかゆにのせて食べるのがおすすめだよ!

☆栄養
山芋
本朝食鑑には、胃=消化  脾=吸収  気=力量  肝=生殖 に効果あり、と記載されている。
また、山芋は体内の水分バランスを正常にして、肌にうるおいを与えることができると指摘されている。


食べてアタマがよくなる・DHA、目がよく見えるようになる・タウリン、歯や骨をじょうぶにする・カルシウムなど
豊富な栄養を含めている。

水菜(みずな)
ビタミンC、カロテン、鉄、カルシウムなど栄養がたっぷり含まれている緑黄色野菜である。
カロテン、ビタミンCの働きでしみ・そばかすを防ぎ、美肌効果、風邪予防、がん予防にはもってこいらしい、
また、鉄分、カルシウムなどを含んでいることから、骨粗鬆症の予防や貧血予防にも有効である。

zp8497586rq

Tags: , ,

This entry was posted on 星期六, 五月 1st, 2010 at 20:55 and is filed under 子供料理, 魚料理. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed at this time.